<< バレンタインにはワンコも友チョコ? バレンタインデーにあんちゃん初カフェ >>

あんちゃんの姉妹犬ハッチちゃんとご縁再び

ヒナタがお空へ行ってから次のコを迎えるかどうかはとても悩んだ。 我家には子供がいないしこの先の犬との暮らしの15年を考えた時に不安材料の方が多い。 考えて悩んでそれでも犬と暮らしたいと思った時に飼主を捜している保護犬からというのは自然な成り行きだった。
でも県内では猫はともかく保護した犬の里親募集はそんなに多くはない。 たまたまいても何故かその頃ウチの希望である女のコには出会わず。
2014年の春に思い切ってヒナタのトレーニングでお世話になったトレーナーのY先生に懇意にしているところから雑種の成犬を世話してくれないものかとお願いをして、実はあんちゃんの前に2匹写真でお見合いをしていた。 
そのご縁はタイミングで結ばれずネットの里親募集のページを探し歩いてはこんなコはどうかな〜と思いを巡らす日々。 県外への譲渡をしてくれるかどうかの問い合わせをした事もあった。
そんな時に出会ったあんちゃん。 多分あんちゃんがその時私の背中を押したんだと思う。 「どうしてもこのコと暮らしたい」・・・雑種の子犬だからどこまで大きくなるかもわからないし、写真だけで会ってもいないのに、それからの行動は速く仲立ちをしてくれたY先生のお陰もあってあっという間に話は決まってあんちゃんは遠く京都から我家へと。
想定外のパピー時代の奮闘を経て気が付けばこの頃は留守番のトイレシーツ祭りもやらなくなっている。 はあああ〜〜〜。 
あんちゃんの誕生日や家族記念日、年賀状など機会ある毎に保護団体さんに「一緒に保護されていた姉妹犬はどうなったでしょう?連絡は出来ますか?」と問い合わせていたら、土曜日に「LINEで近況をやり取りしたいそうです。」とメッセージが。
LINE? やってないけど〜とあたふたしながら今日始めました。
b0031538_2237260.jpg
あんちゃんの姉妹犬、ハッチちゃんです〜! 似てるでしょう?
b0031538_22381389.jpg
子犬の写真ではバセットみたいに長い耳と思ったのがビーグルっぽくなってる。 あんちゃんはスレンダーなのでビーグル?って感じで聞かれる事が多いけど、ハッチちゃんの方がバランスはビーグルっぽいかな? でも18キロあるそうなので実物はビーグルより大分大きいかも。
これから色んなビーグルMixあるある、保護犬あるある、姉妹犬あるあるをお話していけるかと思うと楽しみ。 何よりハッチちゃんが幸せに暮らしていて本当に良かった。

あんちゃんを保護犬からなんですと話すのは犬種を聞かれた時にビーグルのMixと答えると「何との?」と聞き返される事が多く、それは往々にしてデザインドッグだと思っての事だろうし、最近「出来ちゃった雑種」自体が珍しいから。 でもあんちゃんを可哀想な犬だと思った事はない。 むしろ強運の持ち主なのかな〜と。(笑)
そんなあんちゃんに2度、これは保健所にいた記憶からかな?と思った出来事がある。 1度目は来て間もない頃、まだクレートに慣れていないのに急いで車を出したくてお尻を押して入れようとした時にビックリするぐらい大きな悲鳴を上げた事。 その事もあってクレートはもう少し小さくてもと言われてもあんちゃんがスムーズに入れる高さのあるものにしている。 だから結果豪邸。(笑)
2度目はこの間のドッグランにあるセルフシャンプーの部屋に入った時。 入り口で腰を低くして全身で抵抗したあんちゃんを見てやっぱり「嫌な記憶、怖かった場所」がどこかに残っているんだろうなと思った。 
飄々として明るいあんちゃんにも小さな過去があるのね。
b0031538_2318610.jpg
寝室で満を持して使用のスヌーピー柄のブランケットにくるまれて眠るあんちゃん。 しばらくマンマが寝る時に使って匂いをつけてから。
b0031538_23203895.jpg
だって手前のピンクのブランケットみたいにされたらスヌーピー柄だと泣くでしょう? 今のところ無傷です。 それにしても豪邸だな、このクレート。(笑)

保護犬だと飼主以外の人からも何気に気にしてもらえますよ。 ホームドクターの獣医さんが来て間もなくの頃色んな事に慣れるようにと病院で何度かショートスティをさせてくれたり、ことあるごとにあんちゃんは元気?と聞いてくれる人がいて、命の教室に行って子供達と触れ合ってるんですよと言えばそれこそ拍手喝采で喜んでくれたり。 沢山の人から応援されていると感じるあんちゃんです。
新しい犬を飼おうと思った時にまずは保護犬から探そう。 特定の犬種が欲しい場合は信頼出来るブリーダーから正当な価格を支払って得よう。 そういうところから自分から変えていかないと不幸な犬は減らせない。 あんちゃんとハッチちゃんからの願いです。  
by smilingtail | 2016-02-15 23:43 | あんちゃん | Comments(4)
Commented by レッツゴー三匹のはは at 2016-02-16 01:03 x
あんちゃんの姉妹犬と連絡が取れたんですね♪
良かったね〜(,,> <,,)♡ずっと気になさってましたもんね~
あんちゃんとやっぱり似てる!仔犬の頃の写真では、ハッチちゃんはもっと耳が大きくてバゼット寄りのタルタルくちびるかな(笑)と予想してましたが、今ではあんちゃんの方がお耳大きくない?(笑)
ハッチちゃんもしっかり筋肉質〜
あんちゃんは細マッチョ〜
アスリート姉妹かしらん♪
ハッチちゃんの性格とか姉妹での情報交換、これからまた楽しみが増えましたね(≧∇≦)
Commented by smilingtail at 2016-02-16 23:12
レッツゴー3匹のははさん
そうなんですよ〜。 保護団体さんに忙しい中お骨折り頂いて実現しました〜。
連絡がついた事も嬉しいですが何よりあの時見た姉妹犬が幸せに暮らしている事に安心しました。 どうしてるかな〜?といつも気がかりだったので。
やっぱり似てますよね! あのお耳はそのままで身体が大きくなったのかな? 初代のミルクはそうでした。 パピーの時はビーグルのお耳が身体だけ大きくなって置いてけぼりで成犬になったら半分立ってヨーダになっちゃってましたから。(笑) あんちゃんもそうなるのかな?と思ったら意外にビーグル感残りましたね。
筋肉質なところを見てもきっとあんちゃんと同じでジャンプしていたんでしょうね〜。 そんな姉妹あるあるがこれからの楽しみです。
Commented by ラブパパ at 2016-02-17 17:23 x
 本来、男と女の異性関係以外で使うのは誤りのようですが、「縁は異なもの味なもの」ですね~。人と犬の異種関係で使っても問題ないと思う!

 あの日、あの時、あの場所であんに会えなかったら~♪どうなっていたかはわかりませんがこれは偶然ではなく必然な気がするなぁ~。

 ヒナちゃんやヒナちゃんを通じてできた縁(えにし)があんちゃんを選び、あんちゃんが決め、マンマさんがおっしゃるように背中を押されたんだと思います。きっとあんちゃんだけじゃなくヒナちゃんやミルクさんも押してたんじゃないかな?ハッチちゃんとのご縁も大事にしたいですね。その時はまた記事にしてくださいませ♪

 それにしてもマンマさんもスマホにLINEですか~、ガラケーの私からするとどんどん離されてる感たっぷりです~(涙)!
Commented by smilingtail at 2016-02-17 23:50
ラブパパさん
あ、そうなんですね〜。 知らなかった。
そうそう、異種でも使っていいですよね。
このコ可愛いなぁとかこんなコもいいな〜じゃなくて「このコを逃したくない!」という強い気持ちは何だったんだろうと思います。 機が熟したのか3度目の正直だったのか。 探していたのは「白い雑種の女のコで成犬、出来れば10キロ以下」だったのにあんちゃんはと言えば「黒い雑種の女のコでパピー、なんだか大きくなりそう(汗)」だったんですからね。
そうそう、背中を押したのはあんちゃんだけじゃなくヒナタもミルクもだったんだろうと思います。 あんちゃんと暮らしていて先代2匹の色々も思い出します。 ハッチちゃんの事は気になっていて幸せに暮らしているのがわかっただけでも嬉しいのに近況もわかるようになり。
この際ですもん、LINEだって何だってやりますよ〜。 慣れるまで大変だけどハッチちゃんに感謝ですね〜。 気持ちはわかるけどラブパパさんは若いのに何故?
<< バレンタインにはワンコも友チョコ? バレンタインデーにあんちゃん初カフェ >>