2017年 09月 26日 ( 1 )

防災フェス2017のあんちゃん

9月23日、24日 防災フェス2017
動物愛護フェスティバルを早引けして向かった「ペットのための防災講演」の後で会場内を一回り。
b0031538_21411706.jpg
講演中にパラパラと小雨が降ってこんな空模様。
b0031538_21422052.jpg
ゲルチョークというのを初めて知った。 濡れたものにも書けて水では流れないけどこすると消すことができるという。 家庭で用意するというより被災した建物の危険性などを明示するのに使えるのかな。 ガラスに書けるみたい。
b0031538_21453077.jpg
避難所でのパーティションを展示していた。 個人が備える物ではないわね。 個人ならテントでしょう。
b0031538_21575973.jpg
テントの設営をデモンストレーション。 こういう機会があるとワン友さんもマイクロチップってどうかなぁとかやっぱりテントがあるといいよねとか話すきっかけになる。
b0031538_22001930.jpg
去年と同じに子供が体験できるメニューもあって楽しそう。 グルッと一周して家に帰ってあんちゃんを乗せて再度行きました。 近いのでね。
b0031538_22025903.jpg
実はお昼を食べ損ねてお腹が空いていたの。 まだ出来ますか?と聞いたらサービスタイムでお安くなってますと。
b0031538_22042857.jpg
比内地鶏の汁なし担々麺。 そんなに辛くなくて美味しかった! こういう無料のイベントに参加した時は食べたり飲んだりで「いいね!」の気持ちを表すようにしている。 出店した人だって参加して良かったと思えばまたこういうイベントに出る気持ちになるだろうし、「犬連れの人が多かったなぁ」という印象だって次に繋がる気がするから。 何よりボランティアでもイベント運営に参加したことがあるので運営する方の気持ちがわかるからね。 食べたらちゃんと「美味しかった!」と伝えるし。
b0031538_22095361.jpg
次のテントにと考えているメーカーのテントがズラリと。(ヨダレが出そう)
b0031538_22110681.jpg
お話を聞いたアウトドアショップ「メツモ」さんのブースの前で看板犬をするあんちゃん。 こちらの店主さんは柴犬の男の子と暮らしているそうであんちゃんを可愛がってくれました。
b0031538_22130563.jpg
こちらのブースでも看板犬。 終了間際なので人もまばらです。
b0031538_22142446.jpg
看護大学の生徒さんに撫で回されるあんちゃん。 「この耳、欲しい〜!」とか裏返った耳を見て「(垂れ耳と)どっちが基本形?」とか若い会話が続きます。
b0031538_22171148.jpg
最後はミニドッグランの前で。 「小さいですよね?」とでも思ってる?(笑)
そして翌日はブラウブリッツ秋田のホームゲームなのでカメラの機材を積んだまま防災フェスの開場を待って
b0031538_22201045.jpg
迷子札の作成に行きました。 前日の動物愛護フェスティバルでも出来たんだけど時間がなくてね。 10時開場でまさかの混雑。
b0031538_22223777.jpg
犬連れで行けることも大きいんでしょうね。(動物愛護フェスティバルでは会場の都合で室内で犬は入れなかったし)
b0031538_22241339.jpg
ここでもマイクロチップのことを尋ねていた飼い主さんがいました。 やっぱり機会があると考えるよね。
b0031538_22252775.jpg
新しい情報はないかなと思ったけどおもちゃ! これ、私の準備に入ってなかった! 早速入れておこう。 もしもの時にはきっとストレスで真っ先に笛を壊して鳴らなくなるんだろうけど。 そして作った迷子札がこれだ!
b0031538_22362454.jpg
スヌーピーの下絵を準備して行って作りました。 初めてプラ板で作ったけど思ったより簡単で可愛く出来たよ。 お試しあれ!
忙しかったけど楽しんだ防災フェスでした。 ワンコも思ったより沢山来ていて良かった〜。 でもきっと来年もこんな風にキチキチに重なるんだろうなとため息。


by smilingtail | 2017-09-26 22:47 | 秋田あれこれ | Comments(0)