<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

コスモスの 花に誘われ 散歩かな

b0031538_23572948.jpg昼ご飯にお蕎麦を食べに行こうと出無精の夫を誘い出す。(蕎麦好きなのだ。) 実は近くにコスモスの咲く川沿いの小道があるのだ。 ここは学生や散歩のお年寄りなど意外と行き交う人が多いのが車道からでもわかる。 一人では撮影は無理と思った訳。 やっぱり助手がいて助かった。 座らせてから何度か自転車の学生が通ってやり直した。 これが一人でリードを伸ばしていたらと思うと・・・。(汗) コスモスは実はそんなに多くはないのだがそこが写真のマジック。 色とりどりで種類も違うらしく楽しい。 いわゆるコスモス色のもあったのだがパキッとしたオレンジと黄色がヒナタに似合う気がしたのでこちらをUp。 日曜日に別の場所でコスモスを撮りに行ったのだが、そこは休耕田(?)一面に植えてあって、花だけ撮るのなら綺麗だけどヒナタをすぐ横に座らせるには周りが綺麗に写らない。 現実にも雑草だらけで座らせるのが躊躇われた。 今日の方が散歩道を感じさせる写真になった気がする。
撮影情報
EOS Kiss D[50mm f1.8]
露出優先AE ISO100 太陽光
時刻 PM13:02〜13:13
by smilingtail | 2005-09-30 22:52 | 撮影日誌 | Comments(0)

ここは森 熊の領域 歩かせて

b0031538_18552546.jpg週末の天気予報が思わしくない。 
お出かけが続いているがお天気が惜しくて午後から出かける。 目指すは実家のある旧中仙町豊岡地区の十六沢城址。 前に探したが迷って行けなかった所なのだが、今日は角館の白岩地区の方から行ってみたら今度は簡単に見つかった。 意外にも手が入っていてなべっこのできる広場や散策のコースもある。 本丸跡の頂上は仙北平野が見渡せて気持ちが良い。 途中の道も草刈りしてあるし木々も紅葉が楽しみな感じ。 後で調べてみてわかったのだがここを含めて神社や滝のある場所まで「東山ふれあいの森」として整備してある。 実家のある長野地区からは離れているので同じ町とは言え全然知らなかった。 なかなか良い。 ただし注意書きにもあったがここは奥羽山脈からの言わば里山。 熊のエリアとも言える。 利用する人も決して多いとは言えないと思うので出かけるには注意が必要かと。 今日は着いたのが午後3時過ぎ。 4時半過ぎには帰ったのでギリギリの時間か。 早朝、夕方は熊の行動の多い時間なので避けた方が良いかも。 駐車場から登り始めた時に暗い森ではないのだが「大丈夫か?」との思いが頭を掠めた。 そういう「感じ」は本当の森に入るには必要な感覚のように思う。 
出合い頭を避けるためにも(人の気配を遠くから知らせるために)熊鈴があれば良いかも。
思わずして「熊に出会ったら飼い犬は飼い主を助けるか?」の実験になっては堪らない。 
あえて予想! ヒナタは少し離れて右に左にディフェンスしながら吠え掛かると思う。 
さすがにかじりつくとは思えないが。

撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
露出優先AE ISO200 AWB
時刻 PM15:23〜16:35 
by smilingtail | 2005-09-29 22:54 | 撮影日誌 | Comments(2)

秋晴れや 出会いの縁を 織り結び

b0031538_1148222.jpg今日は酒田からお友達がやって来た。 予定を立てて波留くんちのお店(ドッグ用品の店 はる)に行く。 Mixのぽぉ〜ちゃん(男のコ)とポメラニアンのぷぅ〜ちゃん(4ヶ月の男のコ)。 ぽぉ〜ちゃんが小さい頃に他の犬に会う機会が少なくてあんまり犬同士で遊ぶコではないとの事で、ぷぅ〜ちゃんにはなるべく犬と会わせて慣れさせたいのだそう。 しかし自己中なヒナタの事だ、きっと小さいお友達を怖がらせるのではと心配していた。 それでなくても波留くんがお父さんだと知ってか知らずか、波留家に行くと特に遠慮がなく波留くんには渋い顔をされているのだ。 が、意外や意外、いつもよりヒナタが大人しい。 もちろんいつもの傍若無人ぶりからするとと言う事だが。 犬嫌いのぽぉ〜ちゃんは多分ちょっと嫌々だったようだけど、ぷぅ〜ちゃんは子犬のそれなのかドキドキしながらも好奇心のある様子。 それにしても2匹に共通して小型犬特有の忙しなさがない。 飼い主さんの弁によると家とは全然違うという事らしいけど。 写真はぷぅ〜ちゃん。 ぽぉ〜ちゃんは抱っこが多かったので撮りそびれた。 この辺でヒナタをコントロールするので余裕がないのがばればれ。(笑)
でもおかげでと言うかいつもよりコーギーズのテンションが高くなり過ぎず初めてのスリーショットが撮れた。 波留くんも笑顔だし〜。 
ヒナタ、3歳を迎え落ち着きの兆しか? でもあまり期待しないでおこう。 
小さなお友達に感謝の一日であった。 きっと2匹のツーショットも直に撮れるようになりますよ。 ぽぉ〜ちゃん、ぷぅ〜ちゃん、また会おうね!  
b0031538_12142044.jpg

by smilingtail | 2005-09-28 22:45 | | Comments(0)

古池や ヒナタ飛び込む 水の音(ペコリ)

嫌な予感はしていた。 公園に水草の茂る池がある事。
しかも途中の芝生でぴょこぴょこ跳ねる緑の生き物発見。 天敵だ〜。
一人だったら帰っているね、絶対。
でもせっかくakasatanaさんとシロちゃんが来てくれたんだしと勇気を振り絞ったさ。
さぁ、夕陽も釣瓶落としの様相だし早く撮らないととカメラをバッグから取り出した瞬間・・・あろう事かヒナタが池にダイブ〜! (祝!阪神優勝?)
ヒナタの予想(があればの話だが)よりもカイヌシの予想よりも池は深かった!
一瞬水面から姿を消して浮かび上がったヒナタ。 無我夢中で助けあげる私。
深さのわからない場所は自分が泳げないせいかとても怖い。
いつかやらかすと思ってはいたがそれが今日とは。
秋田港でもあんまり端を歩くのでいつもドキドキさせられるがあれは本当のドキドキなのだと再確認。 ヒナタの水好き、侮るなかれ。
池は独特の臭いがする。 水草のせい? 溝臭い。
私は天敵の緑の生き物がきっと沢山生息しているだろう池だと思っただけで気持ちが悪い。
撮影もそこそこで別れいつもの斉内川で泳がせてヒナタの身体を洗う。
が、当然もう暗い。 何が悲しくて日没後の川に長靴で入らなければいけないのか。
それにしてもヒナタ、ついさっきは慌てただろうに水に入るのを嫌がらない。
学習能力が低い? いや、とてつもなく楽天的なんだと思う。
ヒナタにとっては何といっても世界は自分のために廻っているんだから。
写真は池ポチャ直後のヒナタとシロちゃん。(濡れ鼠のくせにもう笑ってるし!)
そしてこれがヒナタが飛び込んだ池。
帰りの車の中、やっぱり溝臭い。 抱き上げた時に私の服が・・・。
風邪を引かないで済む事を祈ろう。
b0031538_0344427.jpg

b0031538_0352173.jpg

by smilingtail | 2005-09-27 23:10 | | Comments(4)

湯煙に 和む姿が また癒す

b0031538_20144794.jpg

b0031538_20152484.jpg

国見温泉でのLOMOのfisheyeでの写真が現像出来た。
毎回楽しみな現像だが今回はひとしお。
でも温泉での写真は曇り空の下で暗かったと思ったので実は期待してなかったのだが。
ウフフ、いいじゃ〜ん! この楽しさ!
fisheyeも4本目にしてやっと確率が上がってきた。
デジカメのサブなので1回の撮影で6枚平均。
なので1本で4〜5回撮っている。
これって・・・かなりケチかも?(爆)
つくづくデジカメでなければ上達しえない人だったと思う。 ありがたや〜。
それにしても温泉のヒナタは可愛い〜!(親バカ確信犯)
by smilingtail | 2005-09-26 20:31 | | Comments(4)

先代の 犬が導く 秋日和

b0031538_18362667.jpg

今日は先代犬ミルクのお墓参りにペット霊園へ。
そしてその後はいつもお決まりの森林学習館の蕎麦をお昼に食べる。
なかなか出無精な夫を引っ張り出すのは骨が折れるのだが、お墓参りとなればそこはそれ。
ヒナタも乗せていって昼食後オーパス下の花公園へ。
今日は子供連れよりも熟年のカップルが多く木陰に敷物を敷いて寝そべっている。
ウチもその一組。 フリースを敷き横になる。
夫はしぶしぶ。 何故かと言うと虫嫌いだから。
暑くもなく寒くもなくこんな日の昼下がりに木陰で休めるなんて至福の時だというのに。
ヒナタの写真も何枚か撮って満足して帰る。
公園にいたのは時間的には一時間にも満たない。
それでも夫にはギリギリの譲歩だったと思う。
納期のある職業で自営業では時間に余裕がないのだから。
ヒナタも楽しかったかな?
帰宅後夫のパンツのお尻に虫が潰れて張り付いていたそうな。
嫌いだとそんなものなのよね〜。(笑) もっと大きなブランケットを用意しなくちゃ。
by smilingtail | 2005-09-24 22:35 | | Comments(2)

いい湯だな 温泉ワンコ 秋の日に

b0031538_19185930.jpg

b0031538_1920447.jpg

b0031538_1920532.jpg

あんまり可愛かったので3枚Up!
だって選べなかったんだもの。
場所は国見温泉、森山荘のペットの露天風呂。

実はキャンプから帰って翌日見つけた両前足の付け根のぶつぶつ。
そんなに痒がっている訳でもないのだが、虫刺され?それとも皮膚炎?
気になって昨日朝一番に病院へ行った。
おそらくアレルギー性皮膚炎との診断。 ついに来たか〜!
「ストレスとかありませんでしたか?」と聞かれたので、「キャンプに行って遊び過ぎたかも?」と答える。
「そうですか。 あんまりストレス溜めるタイプじゃないですからね〜。」って先生〜!
実際アレルギーを持っているコは多くて症状として現れる引き金がストレスなんだそう。
疲れによる自己免疫力の低下ももちろんあるそうでヒナタの場合こっちかな?
黙っていると際限なく遊んでしまって、気が付いた時にはバテバテってコ。
よく見ていたつもりだったけど楽しさに負けてちょっとやり過ぎ?
経過観察で薬の必要は無しとの診断。
で、早速今日の温泉へという訳。
ここはペットの露天風呂というだけでなくて効用の高い温泉としても知られている。
かなりひなびた湯治場的宿が2軒と日帰り施設が1軒。
以前もう1軒の方の宿には入った事があった。
今日の森山荘の方がシャワーが2つあるだけでも近代的。
お湯はエメラルドグリーンの硫黄泉。 少し肌がぴりぴりするような感じ。
皮膚病に効くというのも頷ける。
初めにヒナタを入れた。 最初こそ初めての温泉に戸惑って、浴槽から出ようと試みていたがすぐに慣れてじっとしている。
これはチャンスと用意して来た手ぬぐいを頭にのせパチリ。
本当に寛いで気持ち良さそうだったの。
熱くてハアハアというのとも違う。 やっぱり「いい湯だな〜。」なのだ。

行ってみたいという人にアドバイス。
受け付けでペット用と言うと防水エプロンを貸してくれますが、浴槽への出し入れで服はやっぱり濡れます。 初めにペットを入れてタオルドライ後車で待たせ、自分が入る。 その時に必ず上下の着替えを持って行く事。
これからの季節、濡れたままの服では風邪を引きかねないので。
あるいはポケットに入る旅行用の白い合羽(長めのコートタイプ)なんかを持って行く。
ちなみに料金は人が入ると400円でペットは無料。 
ペットだけ? そんなもったいない! 入って来ましょう!
10リットル以上の容器でお湯を持ち帰る場合は200円。(容器は用意して行く事。)
治療用でペットボトルかなんかだったら断わらなくて良いのでは?
ここは冬期は閉鎖します。 今年は11月10日までだそう。
紅葉も綺麗だと思うのでシーズン中また行こうと思っています。
by smilingtail | 2005-09-23 20:04 | のっけ隊 | Comments(4)

撮れるかな 絞りでわかる 秋の暮れ

b0031538_21142117.jpgこれが一度目のシャッター。 
ちゃんとポーズしているし、にっこり笑顔だね〜。  
よしよし、モデルさん合格。
とっても可愛いよ。
b0031538_2116121.jpgこれが連写で二度目のシャッター。 「もう撮ったでしょ?お終い!」って舌舐めずりしてダッシュの体勢。 
連写だといつもこう。 
笑っちゃうでしょ? 
でもお花と一緒に撮るとまず100パーセント柔和な表情。 
で、2度目のシャッターでこれだと表情作ってるのかって言いたくなる。 
どっちもヒナタで1度目の顔は普段は見せないから私とカメラだけのもの。 
カイヌシ冥利だと私は思っているんだけど。

撮影情報
EOS Kiss D[50mm f1.8]
絞り優先AE(f2.8) ISO400 太陽光
時刻 PM17:29 
by smilingtail | 2005-09-21 21:13 | | Comments(0)

翻す 羽衣の裾 秋高し

b0031538_16121047.jpg19日に安比高原のゴンドラで行った前森山山頂から見た彩雲。 画面左上に太陽があるのでほぼ真上を見て撮った。 ヒナタと一緒に撮ったものは白くとんでしまってダメ。 ほんの小さなものでも私はよく見つけるのだが、この日は結構大きかった。 今年で2度目の大きな彩雲。 前夜も夜更けの雨の前に十五夜はちゃんと拝ませてもらったし、自然の恩恵には与っているのかも。 こういうのって何となく嬉しかったりしません?
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
露出優先AE ISO100 太陽光
時刻 PM12:30頃  
by smilingtail | 2005-09-20 16:11 | 撮影日誌 | Comments(0)

山頂の 階段憎し 短足犬

b0031538_1421135.jpg

18、19日と今シーズン初のキャンプ〜!
場所は安比高原「中のまきば」近くの「ブナの駅」。
同行はMADARA BROTHERSのギンちゃん(ダックス)、チョビちゃん、シロちゃん(シェルティー)と飼い主さんご夫婦。
実は私夏の安比は初めてでAPPIスキー場でさえかれこれ十数年前に行ったきり。
本当は今回も当日まで北欧の杜キャンプ場のはずが天気予報ではまだ良い岩手側に変更したのだ。
結果夜中に雨に降られたものの大した事も無く、夕飯時はちゃんと十五夜も見られたしで大成功。 
翌日は朝から好天に恵まれ、ドッグランも2日続けて遊べたし、初挑戦のゴンドラも山頂の景色も満喫。
ヒナタもキャンプにも慣れ一日遊んだ疲れもあったのか、テントの中では足元でぐっすり寝ていて夜中の雷の時も遠かったし3回くらいしか聞こえなかったせいもあってかパニックにもならなかった。
この天気予報では我が家だけだったら中止していたのでマダラ家に感謝。
ヒナタは犬同士で遊ぶ方ではないのだけどそれでもおかげで一緒にドッグランに行けたし、ワンワンするコ達ではないので犬好きの人達に声を掛けられてもヒナタも紛れて大人しめにしている。
子供も含め沢山の人達になでなでしてもらって、カイヌシもそんなヒナタを見られて嬉しかった。 基準が何か全く分からないがヒナタ的には好き嫌いがあるみたいで、犬好きなら誰にでもという訳でも無く、好きな人には最初から撫でて撫でてと遠慮が無い。
が、あの顔で撫でて下さい攻撃をされると犬好きならたまらないので本犬知ってか知らずかヒナタのペース。(ヤレヤレ)
ゴンドラから遊歩道を歩いて前森山山頂(1,305メートル)で撮ったのがこの写真。
並ぶ4ワンコを見て周りの人達は「躾が良く出来ているんだね〜。」と感心していた。
もちろんカメラ前だけと言いたいのを堪えていた私であった。(汗)
遊歩道とは言っても下りの階段は急で段差もあるのでヒナタとギンちゃんには負担が大きい。
当然抱っこしかなくヒナタは12キロ近い。 この体力があるうちにまた来よう。(笑)

2枚目は朝のまきばで撮ったもの。 この時間(8時)に写真を撮るのはキャンプの朝以外にはないので清々しい朝の光りの中でのパジャマ姿のヒナタ。
この後皆で一緒に歩いた林道の散歩では水たまりと言わず、小川と言わずバシャバシャと好んで入り、パジャマはあっという間に泥だらけに。
意味は違ったけど着せていて良かった。(涙)
この足元に咲いている小さな白い花はおそらくウメバチソウ。
山で見る花は可憐だけど凛としていて存在感がある。
ヒナタにもその可憐さを見習って欲しい。 欲張りはしないけどね。
紅葉の季節も楽しみだし、彫刻も花も綺麗にしてあるので撮影ポイント多し。
犬連れ以外にもお薦めです!
 
b0031538_1457473.jpg

by smilingtail | 2005-09-19 23:01 | | Comments(2)