冬の夜 ボール載せても はいチーズ 

ソックスボールがついにお役御免となった。 ご苦労様〜。 さて新しいのを作らねば。
せっかくだから綺麗なうちにお見せしよう。 まずは中身のボール(ワンコ用の柔らかいもの)と五本指ソックス。
b0031538_18311098.jpg
「あら? 新しいおもちゃ?」とボケているのも知らずに笑顔のヒナタさん。
そして完成したソックスボールのニューフェイス。 この色もスポーティーで良いかも。
ソックスボールさんから「ヒナちゃん、やぁ!」
b0031538_18335545.jpg
可哀想なので絞ってボケを少なくしてみました。 ブツ撮りとはいえシャッタースピードは手持ちギリギリ。 で、相変わらずの笑顔〜。 そして結局はこうなるのね?なヒナタさんの「のっけ写真」。
b0031538_18371486.jpg
エヘッ! これ、滑らないから楽勝よ〜! と余裕のヒナタ。 でも丸いんですけど?
撮影情報
EOS Kiss D[50mm f1.8 Ⅱ]
絞り優先AE(f1.8,4.0,1.8) ISO400 AWB 
# by smilingtail | 2006-02-10 19:04 | のっけ隊 | Comments(10)

牧羊犬 血筋あるなら 追うだけに

昨日の午後晴れ間を見てこの間見つけた新しい広場へと散歩に。
この季節は何故かお昼を挟んでの2時間くらいが晴れ間になりやすい。
これはと思って出かけると大概撮ってる間に曇り空。 今日もやっぱり出遅れた。
b0031538_20133022.jpg
青空が薄くなりつつある。 本当にあっという間に変化していくのね。
そんな事はお構いなしのヒナちゃん。 今日も走る、走る〜。 この日は濡れ雪で重いんだけどなぁ。
こまめさんからのおみやげのアロハなラグビーボールも気に入り過ぎて空気入れのおへそ部分を取ってしまった〜! ごめんなさ〜い。 
でも大丈夫、この方がくわえ易いみたいだし使えるから!
広角らしい、ちょっとロングなショットも一枚。
b0031538_2020911.jpg
手前のザクザクな足跡はヒナタのだけど、木を挟んだ2本の線の小さな足跡はウサギのもの。 そのせいなのか奥の林の方をしきりに気にしていたヒナタ。 遭遇しちゃったらどうするだろう? 動くものには本能が反応しちゃう? 足跡だけにしておこうね〜。
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
絞り優先AE(f5.6) ISO100 くもり (2枚目はトリミングあり)
時刻 PM14:24〜15:03
# by smilingtail | 2006-02-09 20:37 | 撮影日誌 | Comments(10)

枡を上げ 皆で和となる 蔵開き

4日は秀よしさんの蔵開き。 天気予報は大寒波で日本海側は大雪の恐れあり。
仕方なく午前中の仕事を終えてから乗れる電車で行く事に。
秋田から大曲まで奥羽線で行きそこで田沢湖線に乗り換えるのだが・・・朝夕の通勤通学時を除けば絶望的に連絡が悪い。 
諦めてバスにするも1時間待ち。 車なら冬道とは言っても1時間半も掛からないのに、結局2時間半近く掛かって到着。
b0031538_12474712.jpg

さすがに真冬日の蔵は寒い。 ぎっしりと100人を超える人が入っていてもコートも脱げない寒さの中、社長の挨拶の後枡での乾杯から始まり民謡やもちつき、料理を楽しみ試飲コーナーでは日本酒好きが利き酒に余念がない。 想像していたより若い人も見かけるし、地元の人よりそうでない人の方が多いようだ。 なる程リピーターが多いというのも頷ける。 これが無料なのだから。
私は今回見学のつもりで一人での参加だったが、4〜5人の仲間で来ている人達が多かった。 美味しい粕汁と甘酒で身体を温め、実はお酒は事情があって乾杯の一口だけだったのだがお祝い事に参加したという感覚があった。 今年初めての杜氏さん(前に雪だるまのようなお顔と言った実直そうな人)の表情にも喜びと幾分かの緊張が見て取れる。 杜氏の仕事は今でも数字で置き換える事の出来ない勘の部分が重要と聞く。 今年の酒を喜んで飲んでもらえるか、この日はやっぱりそのお披露目なのだ。 考えてみたら日本酒の枡での乾杯は日本人には一番似合う祝い事のスタイル。 一升瓶で注がれる酒も豪快で気持ちが良い。 酒造りを社会奉仕と考え誠意を尽くすべしとの先代の教えは今も生きていると思う、そんな蔵開きの一日だった。

実家に泊まって昼頃温泉に連れて行ってもらった。 雪も止んでキ〜ンと冷えた空気が澄んで冬景色が美しい。 大雪で雪害ばかりのようだがこの風情ある景色を忘れてはいけない。 大変だけどそれでも雪景色は不思議な程美しくため息が出る。 ワンコ写真専門の私でさえこの景色を撮りたいと思ったくらい。 残念ながら自分だけではないので今回は諦めた。
帰宅してからもらって来た名入りの枡をヒナタの頭に載せて記念撮影。 これまた滑るのだが何回かの挑戦の後「出来た!」というヒナタの顔。 ヒナタもお祝だね〜!
b0031538_0553513.jpg

# by smilingtail | 2006-02-07 01:02 | のっけ隊 | Comments(18)

福犬も 吠えて応える 鬼は外

節分にちなんで我が家の福犬を見て〜!
b0031538_1947877.jpg
今日出かけた先でたまたま土鈴の展示がしてあった。 戌年にちなんで犬の土鈴の種類が多い。 可愛いな〜と見ていたら犬にまつわる話が書いてあった。 
笑うという字を「竹」と「犬」に見立てて犬に竹カゴをのせた絵を福とする習わしが江戸時代にはあったらしい。 ああ、ウチのヒナタになんてぴったりな!
さっそくやってみたのが上の写真。 竹カゴはいろいろと手持ちで試してみたが、これが一番「笑」に相応しい表情だったので。
「鬼は外〜!」と言うまでもなく「福は内〜!」だね〜。
元来犬は魔を寄せつけないという事で狛犬さんなのだそう。
そう言えば今日も番犬よろしく吠えていたっけ。(やれやれ)

ところで「笑」に見えましたでしょうか〜? 見えた人にもきっと福があるかと。
# by smilingtail | 2006-02-03 20:03 | のっけ隊 | Comments(12)

雪煙 たてて走るや 寒の空 

今日も走ったわよ〜! 昨夜の新雪がサラサラでもしかしてこれってパウダー?
ここは今日初めての広場。 ショッピングセンターにマンマが買い物に寄って、大分待たされたのね。(怒) それであんまり時間が無いって(もう一度言うけど私は1時間以上待たされたのよ!)すぐ近くの高齢者施設の駐車場に車を止めて、散歩で済ませようとしたわけ。 駐車場だけじゃあんまりだからと奥へと続く除雪された道を歩いて行ったら広場があるじゃない! 
うんしょうんしょって道路脇の雪の壁を乗り越えて入ったわよ。 どうやらテニスコートと遊具があって、コートには犬を入れないでという立て札があったけど他は大丈夫みたい。 あたしの遊び場がまた近くに増えたわ〜。 くれぐれもお買い物で待たせないで連れて来て欲しいものだけど。
b0031538_18321100.jpg
でもあたしのジャンプ力ってちょっと凄くない? マンマはバタフライだって笑うけど、ホント笑い事じゃないんだから〜。 誰も入っていない広場はあっという間に私の作った道だらけ。 充実感でいっぱい〜。 前人未踏って言葉はきっとあたしのためにあるのよ! 
b0031538_18193377.jpg
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
絞り優先AE(f5.6&7.1) ISO200 太陽光 露出補正+1/3
時刻 PM16:00〜16:13
# by smilingtail | 2006-02-02 18:36 | 撮影日誌 | Comments(12)

冬温し 老いも若きも すくと立ち

秋田は好天が続きすっかり春はそこまでという気分のこの頃。 天気予報では明後日あたりからまた寒波到来とか。 気が弛んでしまったのでまた大雪は困る〜。
午後から土曜日に行った雪まつりの場所へミニかまくらと撮りたくて出かける。
気温が高かったのでよれよれのかまくらも。 ヒナタの後ろに見える左手の古い建物が昔の米蔵を利用した「ももさだ」という秋田市の施設。 右のコンクリートの建物が秋田公立美術工芸短期大学。 この間の通路から新屋駅までの歩道が雪まつり会場となり、両側のミニかまくらにろうそくが灯される。
b0031538_20312032.jpg
この「ももさだ」は市民講座(主に美術工芸、コンピュータ等)や講演会、美術展などに使われ、すぐ隣の市立図書館とも合わせて私はよく利用している。 美短の方も図書館を利用するし、この界隈の建物が新旧どちらも絵になるので好きな場所。 ただし犬の散歩は御遠慮下さいとあるのでヒナタとは来た事がなかった。 冬だし〜、休館日で人も少ないし〜とちょっぴり写真を撮らせてもらった。 
b0031538_20381886.jpg
これが米蔵の正面。 古い建物もやっぱり良いね〜。 あれ?ヒナタの横にはしっかり派手なソックスボールが! しかもエプロンは激しさを物語るようによれている。
ごめんなさい。 ちょっと撮るだけって・・・遊ばせてしまいました〜。 
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
絞り優先AE ISO100 太陽光 露出補正+1/3
時刻 PM14:17〜14:49
# by smilingtail | 2006-01-31 20:57 | 撮影日誌 | Comments(10)

雪の壁 登ってズルリ コントなり

今日は久しぶりの好天。 この頃実家の母と団地のすぐ向いにある温泉へ一日置きに行ってプチ湯治をしている私。 今日はせっかくだからと車で20分の「貝の沢温泉」へと行ってみた。 
ここはつるつるとした湯上がりの美肌効果抜群の上にとても温まるお湯。 
そして日曜日の好天にヒナタを撮らない訳にはいかず(?)一緒に乗せて出かけた。 母には建物の中で待ってもらい、駐車場の奥に延びる除雪された小道を散歩。
ソックスボールでまたまたハイになるヒナタ。 初めての場所で気になるのか時々除雪の壁の上にぴょこんと上がり、下の田んぼを覗いたり雪を食べたり。 落ちたらと思うとヒヤヒヤなので止めて欲しい。
この五本指ソックスボール、ア−サ−君もお気に入り。 こうやって遊ぶのよ!とヒナタが思ったかどうかは別として見本の走り。
b0031538_20512868.jpg
でもね、アーサー君。 これってボールをくわえて走る時、はき口の方の結んだ先がぺちぺちほっぺたに当たるのよね。 私が片目を瞑っているのはそのせいだから気を付けた方が良いわよ。 ま、楽しいから気にしないっていうのがコ−ギー的には正しい遊び方なんだけど。
b0031538_20564937.jpg
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
絞り優先AE ISO100 くもり 露出補正+1/3 RAW
時刻 PM16:10〜16:20
# by smilingtail | 2006-01-29 21:12 | 撮影日誌 | Comments(5)

知りつつも ワンコ撮りたや 雪まつり  

今日市内新屋で雪まつりがあった。 人込みでは犬の写真は無理。 しかも暗いしと去年は諦めたのだが、無理と承知で行ってみた。
で、やっぱり無理。 予定では夫が同行してくれるはずだったのだが風邪気味なので一人で。
ミニかまくらに灯が灯され薄暗いながらも歩道は綺麗。
これは三脚じゃないと〜。 ましてやワンコは〜。(泣)
一枚目。 ヒナタの生き霊が撮れました。 中心部分をよ〜く見てね。 ヒナタ以外のものが見えてしまったら・・・責任は取れませんので悪しからず。
b0031538_2243628.jpg
真冬の怪談〜。 実際見える人には生き霊が一番怖いそうな。
種を明かせばうっかりISO100のままで撮ってしまった、シャッタースピード1”6の手持ちの写真です。(トホホ)
これだけじゃあんまりなのでもう一枚。 ISO400 絞り優先AE(f1.8)でかろうじて。
b0031538_22154614.jpg
内蔵フラッシュではこれが限界〜。 やっぱり雪まつり会場は人が多くて無理と見た。
だって、人の流れが切れるのを待つ。 ヒナタをスタンバイさせる。 カメラを構える。 人が近付いてきてやめる。 この繰り返しなんだもの。(ため息)
今日は1時間近くいてなんと3シャッター。 後はずっと「ダメ!」「ワンしない!」「ごめんなさい。」でした〜。
# by smilingtail | 2006-01-28 22:38 | 撮影日誌 | Comments(6)

雪遊び セーブするのも 保護のうち

昨日BADGIRL KETTYさんに注文していたヒナタのエプロンと腹巻きのあったかセットが届いた。 エプロンは以前からあった商品でヒナタはコ−ギー用でも胴が長めなので前から欲しかったのだがやっとオーダー。
市販の腹巻きと合わせて着せるつもりだったがkettymamaさんから介護予備軍のヒナタにも良かろうとエプロンの下につけるフリース生地のサロペットをご提案頂いた。
針と糸が苦手なカイヌシが飛びついたのは言うまでもなく。(汗)
kettymamaさん、ありがとうございました〜。
着るとこんな感じよ〜。 見えないけど首輪には名前入り〜。
b0031538_15273449.jpg
腰の保護の意味合いもあるのでフリースのサロペットはジャストサイズでとってもスポーティー。 行くわよ〜と張り切るヒナタ。 これで介護予備軍はないだろうって?(爆)
b0031538_1530057.jpg
雪捨て場となった公園の小山をぴょこんと越えて来る。 雪も程よく締まって走り易そう。 「こんなの楽勝〜!」ってな感じ。横もはっきり見えるようにもう一枚。
b0031538_15331693.jpg
あら?コ−ギーにしては足長だけどなんかカッコイイじゃない? それってポージング?
撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6]
絞り優先AE ISO100 くもり 露出補正+1/3
時刻 PM12:02〜12:13
# by smilingtail | 2006-01-26 15:50 | | Comments(14)

米と水 厳しき寒さ 醸す人

22日の日曜日、前日から実家へ泊まり、先日紹介した「八乙女」の秀よしさんの蔵を撮らせて頂いた。 雪だよ、雪〜。
b0031538_14412260.jpg
しめ縄の下の格子戸をくぐると左手に事務所と居間が続き、土間を挟んで右手の窓の外は大きな錦鯉が泳ぐ立派なお庭。 家紋を染めあげたのれんの向こうが蔵になっている
b0031538_14475594.jpg
ここまでは昔から用事があると来ている場所。 何とも言えず清らかで明るい場所だと以前から思っていたが写真からもそれは感じられるような。
そして蔵の入り口。 貯蔵タンクが並んで見える。
b0031538_14541383.jpg
そしてその蔵の前では蒸し米がベルトコンベアーで運ばれている。 蔵人の仕事の邪魔にならないようにそっと撮る。
b0031538_21413198.jpg
たまたまローカル番組で蔵が紹介されていて杜氏さんが出ていたが、丸顔に真直ぐで太い眉につぶらな瞳で何と言うか雪だるまのような方だった。 実直で優しそうな・・・さてどんなお酒を作るのだろう。 作業をしているこの場所の壁に「寒さと米と水と人との結晶が冬の酒蔵に静かに生まれる」という書が掲げてあった。 水と米と寒い冬・・・それが日本酒の条件だというのは知っていたが、忘れちゃならないそれに人なんだね。 そのどれもが欠かせない。 
奥羽山脈の伏流水と秋田でも天候に恵まれた穀倉地帯。 それに加えて今年のこの寒さ! 
御予約頂いた方、ご想像下さい。 ここで生まれるお酒が届きます。
b0031538_2293222.jpg

撮影情報
EOS Kiss D[18-55mm f3.5-5.6][50mm f1.8 Ⅱ]
ちなみに建物を主に撮るのは今回初めての経験。 思いがけず熱中してしまい、何枚も撮った後実家に帰ってカメラを拭いていたら、何と偶然にもmimimarutaroさん(日刊エキブロ新聞記者)から店に予約の電話が! リンクしている〜と感じた瞬間。
# by smilingtail | 2006-01-24 14:56 | Myself | Comments(13)